「Raspberry Pi」の新モデル「Model A+」、正式発表 ―更なる小型化と電力効率の向上を実現

より一層の小型化と電力効率の改善を実現しています。

今や、手の平サイズのコンピューターの代表格とも言える程の知名度と人気を獲得している「Raspberry Pi」ですが、今回その新モデルとなる「Model A+」が正式に発表されました。

記事58.1

この「Model A+」は、Raspberry Piファミリーの現行ローエンドモデルである「Model A」のマイナーアップデート版となります。という訳で、スペックは基本的に現行モデルのものを踏襲。

両モデルの間に存在する最大の相違点は、その本体のサイズにあると言えましょう。。Model A+本体の長さは「65mm」と、現行モデルと比べ約30%もの小型化を実現しています。

また、改善されたオーディオ回路が搭載され、汎用入出力ピンは14本増加。そのほか、microSDカード規格を採用したストレージを装備し、全体的な電力効率が改善しているとのこと。

さて、このModel A+の気になるお値段ですが、既にわずか「20ドル」での販売が開始されています。刺さる人にはズバッと刺さる、そんな中々に興味深いデバイスに仕上げられた「Model A+」。果たして、日本市場に提供されるのは、いつ頃のこととなるのでしょうか。

[Neowin]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます