Androidスマートフォン界の覇者は、果たしてこの逆境を撥ね退けることはできるのでしょうか。

24日(現地時間)、海外メディアPhone Arenaが伝えるところによると、今回インドの輸出入情報を扱うwebサイトZauba上にて、韓国サムスンの新型モデルと目される「SM-E500F」なる端末の存在が発覚した、とのことです。

記事135.1

今回発見された「SM-E500F」の記載(赤線部)

さて、今回その存在が初めて明るみに出た「SM-E500F」ですが、この端末がサムスン製の新型端末であることや、、インド市場におけるその販売価格。そして「Galaxy E」シリーズとして登場する見込みであることを除いた一切の情報が、謎に包まれています。

ちなみに、Zaubaに登録されていたデータによると、SM-E500Fは「約151ドル」(約1万8千円)で販売されることに成る模様。これまでのサムスン製品への価格設定を鑑みるに、どうやらこの新モデルは「ローエンド級」の端末として登場することになりそうです。

記事135.2

ここ最近スマートフォン部門の業績があまり芳しくない状態が続いていることや、それに付随した経営陣とその体制の改革を進めていることが、各所で伝えられるサムスン。一説によると、サムスンは2014年に見せた「多モデル展開戦略」から脱却し、2015年は ”より絞られた数の端末を登場させる計画” に切り替えたとのこと。

このSM-E500Fが「新生サムスン」の放つ ”新たな一手” となるのか、それとも「現サムスン」の準備していた ”最後の一手” となるのか。続報に期待です。

[Phone Arena]