HTC独自UI「Sense 7」の提供は、Android 5.0アップデートの提供よりも後になる見込み

少しでも早くOSアップデートを提供する為の策、なのでしょうか。

先日、「Android 5.0」と台湾HTC独自のカスタムUI「Sense 7」を搭載した、「HTC One (M8)」のものとされるスクリーンショットをお伝えしたのもまだ記憶に新しいところかと思われます(過去記事)。

しかし、今回新たにリークされた情報によると、One (M8)へのAndroid 5.0のアップデートに合わせて提供されるのはSense 7ではなく、「Sense 6」にとどまるとのことです。

@Upleaksのツイート

上の画像は、今回@Upleaks氏が自身のツイッターアカウント上に投稿したツイートをキャプチャしたものになります。氏曰く、HTCはOne (M8)への「Sense 7」ソフトウェア移植を未だに開始してはいないとのこと。

仮に、今回もたらされた情報が正しいとするならば、One (M8)への「Sense 7」の提供は、Lollipopへのアップデート提供開始からある程度の時を要することになりそうです。

HTC Sense 7のスクショ

以前リークされた、「Sense 7」のスクリーンショット

今回の情報はまだまだ「噂」の域を出ないレベルの信憑性に過ぎないものと思われます。しかしながら、これまでの情報によれば少なくとも2015年1月末までには、HTC One (M8)に対するLollipopの提供が開始される見込みとのことですので、おそらく近日中にもより詳細な情報がリークされることになることが期待できそうです。

続報が入り次第、追ってお伝えしたいと思います。

[Phone Arena]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます