「Snapdragon 805」、米国政府の定める暗号化セキュリティ基準「FIPS 140-2」の認証を正式に取得

また一歩、Snapdragonの死角がなくなりました。

13日(現地時間)、海外メディアGadgetzArenaが伝えるところによると、米Qualcommのフラッグシップ級SoC「Snapdragon 805」が、「FIPS 140-2」の認証を正式に取得したことが、Qualcommによって正式に発表されたとのことです。

さて「FIPS 140-2」とは、「Federal Information Processing Standard 140-2」の略称であり、簡潔に説明すると、米国政府によって定められた「暗号化モジュールに対するセキュリティ要件の仕様を規定した標準規格」のことを指します。

今回、Snapdragon 805がこの標準規格の認証を取得したことにより、これまでのSnapdragonシリーズの弱点の一つであった「暗号化性能の低さ」が大きく改善されたことが証明された形となりました。

以下、このセキュリティ認証を取得したことによる、Snapdragon 805が得る機能面でのメリット。

  • ハードディスクを丸ごと暗号化する機能
  • Androidアプリに対する「暗号化」に関する機能
  • 乱数生成機能
  • ”Premium Video content”の保護機能

「Premium Video content」(プレミアムな映像内容)という言葉が何を意味しているのか、今一つ判然とせず

さておき、今後は政府関連機関や経済や医療関連機関などのデリケートかつ機密性の高い情報を扱う場においても、Snapdrgaon 805を搭載したデバイスの使用が可能になりました。

実際に採用と普及が進むかどうかは別として、その準備だけは整ったと言えそうです。米国政府お墨付きのセキュリティ性能の高さを誇るSnapdragon 805と、今後登場するSnapdragonシリーズの、更なる飛躍に期待です。

[GadgetzArena]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます