米Sonim Technology、究極のタフネスフォン「XP7 Extreme」の出資キャンペーンを開始

また一つ、新たなタフネスフォンが世に生み落とされることになりそうです。

「タフネスフォン」(海外では「Rugged phone」)というコンセプトは、もはや昨今珍しいものではなくなったように思えます。既に多くのライバルがひしめきあう中、今回Indiegogo上にて「Sonim XP7 Extreme」なる新参が、新たに名乗りを上げることとなりました。

記事148.2

さて、Indiegogo上でのキャンペーンを開始した米Sonim Technology製タフネスフォン「Sonim XP7 Extreme」は、「究極のタフネスさ」を追求して開発が進められている端末とのこと。以下、主なスペックです。

OS Android 4.4 KitKat
ディスプレイ 4.0インチ WVGA(800×480)ディスプレイ
液晶保護 Corning Gorilla Glass 2
SoC Qualcomm 1.2GHz駆動 クアッドコア Snapdragon 400
RAM 1GB
内蔵メモリ 16GB
メインカメラ 800万画素
フロントカメラ 100万画素
バッテリー 4,800mAh
ワイヤレス Bluetooth 4.0
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/r
ネットワーク 3G通信
LTE通信
その他 拡声器機能搭載
外形寸法 137(W)×72.1(D)×20.8(H) mm
本体重量 290g

スペックだけを見れば、ローエンド級とミッドレンジ級の狭間に位置するような何と言うことはない仕上がりになっていますが、このXP7 Extremeの本領はそこではありません。この端末の最大の特徴は、あらゆる過酷な環境に耐え得る強靭な耐久性にこそあります。

記事148.4

  • 「IP68相当」の防水性能と「IP69相当」の防塵性能 ― 「水深2m」で「30分」の浸水に耐え、また高温高圧洗浄にも耐え抜く
  • 耐落下/耐衝性能 ― 「高さ2m」からのコンクリートの地面への落下もクリア
  • 耐重/耐振動性能 ― 瞬間的な「30G」までの荷重や、「5HZから500HZ」までの周波数の振動にも耐える
  • 耐温度変化性能 ― 「-20℃」から「55℃」まで対応
  • 耐荷重性能 ― 最大で「1トン」まで
  • 耐破壊性能 ― 端末本体は「4J」(ジュール)、Gorilla Glass 2は「2J」までの衝撃エネルギーに耐える
  • 耐油/耐薬剤性能 ― 石油や腐食性の洗浄溶剤にも耐える

基本的なスペックとは裏腹に、如何にこのXP7 Extremeが、タフネスフォンとして優秀な耐久性を誇っているかが分かることかと思われます。

記事148.3

また、このタフネスフォンを入手するには最低579ドル(約6万8千円)の出資を行う必要があります。そして、この579ドルの出資プランには、49ドル(約5800円)分のサービスを米Ultra Mobileから受ける権利や、2016年にSonimが発売を予定している端末に対する200ドル(約2万4千円)分の割引(下取り)などが内包されているとのこと。

ちなみに、このXP7が実際に出荷開始される時期として、2015年3月頃が予告されています。

個人的にはこの手の製品は大好きなのですが、出資プランの中に「200ドル」分もの ”姿形も分からぬ未知の端末” への下取りが内包されているのが、少々気になる所です。

その分を省いて、より低価格で提供してくれた方が嬉しいユーザーの方が多いように思えるのですが、どうでしょう。

[Android Authority / Indiegogo]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます