ソニー、「Android 5.0 Lollipop」のAOSPソースコードとバイナリを正式に提供開始 ―「Xperia Z」シリーズ限定

Xperiaシリーズがまた一歩、”オープン” なデバイスへと歩を進めました。

ソニーによって「開発者たちに対しては、これまで以上に積極的なソースコードやバイナリの提供を行っていく」という旨の発言が公式になされたのは、先月初頭のことでした(過去記事)。

今回、早くもその発言を裏付けるように、一部のXperia Zシリーズ機に対して、「Android 5.0 Lollipop」のAOSPソースコードとバイナリが公式に提供が開始されたことが明らかなりました。

記事83.1

13日(現地時間)、ソニーが正式に明らかにしたところによると、今回ソニーによって提供されたソースコードとバイナリ等は、主にカスタムROMの開発者たちへと宛てられたものであり、カスタムROMを開発する為に必要なものは全て含まれている、とのこと。

しかし一方で、カメラが起動しなかったり通信モデムが無効化されていたりと、幾つかの要素において ”決定的な制限” が掛けられていることも明らかに。その為、日常での使用に耐え得るものではない模様です。

さて、今回提供されたソースコードとバイナリが対象にしている機種は、以下の通りになります。

  • Xperia Z3
  • Xperia Z3 Compact
  • Xperia Z2
  • Xperia Z1
  • Xperia Z1 Compact

また公開されたデータは、記事末尾のリンク先からダウンロードすることが可能とのことですので、興味のある方はそちらもご参照下さい。

[Sony via Phone Arena / Sony[ダウンロード] / GitHub[ダウンロード]]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます