また一歩、ソニーのスマホ向けCMOSセンサーが進歩を遂げました。

17日(現地時間)、海外メディアPhone Arenaが伝えるところによると、ソニーがスマートフォン向けCMOSセンサーの最新モデルとなる「IMX230」を正式に発表した、とのことです。

記事96.1

今回正式に発表された「IMX230」は、ソニーご自慢の積層型CMOSセンサーである「Exmor RS」を採用。そのセンサーサイズと画素数は、それぞれ「1/2.4インチ」「2,100万画素」となっています。

このIMX230の大きな特徴として、スマートフォン向けセンサーとしては業界初となる「像面位相差AF」を搭載するほか、AFの測距点の数は「192点」にまで強化。これらの進化により、動きの速い被写体を撮影する場合において、非常に優れた性能を発揮することが期待されます。

記事96.2

さらに、従来までのセンサーと比べて「HDR撮影機能」も強化。今回実装された最新のHDR撮影機能は、新たに「4K動画撮影」に加えて、「静止画撮影」にも対応を果たす事に成功

また、この「IMX230」に搭載されているものと同等の像面位相差AFを実装した「1,600万画素センサー」の製造が可能であるとのことで、その新センサーが「ミッドレンジ級」の端末に搭載されて登場する可能性を、Phone Arenaは指摘しています。

記事96.3

「IMX230」

さて、どうやらこの「IMX230」の大量生産は「2015年4月」より開始されるとのことですので、ソニーの次期フラッグシップモデル「Xperia Z4」に搭載されることに否が応にも期待してしまうのですが、どうでしょう。

[Phone Arena]