青を基調にした、全体的にヴィヴィッドな色遣いが印象的です。

先日、世界初の「TizenOS」搭載スマホとなる「SM-Z130H」のUIを捉えた画像をお伝えしたばかりですが(過去記事)、今回新たにその「Tizen 2.3」のUIスクリーンショットが大量にリークされました。

記事117.1記事117.2

※拡大クリック推奨

今回リークされた画像の枚数は、計31枚にも及びます。全体的に青色を基調にしたUIデザインとなっており、どことなくサムスン独自のカスタムUI「TouchWiz UI」を彷彿とさせる仕上がりとなっています。

また、色遣いこそ比較的鮮烈な印象を覚えますが、デザインコンセプト自体は「マテリアルデザイン」に近いフラットデザインが採用されている様子が見て取れます。

記事117.3記事117.4

※拡大クリック推奨

さて、以前にもお伝えした通り、この「Tizen 2.3」を搭載すると目される「SM-Z130H」は、ローエンド級の端末として近日中にもインドネシアにて正式に発表される見込みとのこと。

果たして、TizenOSのスマートフォン向けOSとしての完成度は如何ほどのものなのか。続報に期待です。

※公開された全ての画像をご覧になりたい方は、記事末尾のリンク先をご参照下さい。

[Phone Arena]