「Android 5.0.1 Lollipop」のファクトリーイメージが一部Nexusデバイス向けに正式リリース

数字の増え具合から察するに、マイナーアップデートと思われます。

先日デビューしたばかりの「Android 5.0 Lollipop」も、もはや ”最新バージョンのAndroid OS” を名乗ることは出来なくなってしまいました。3日(現地時間)、「Android 5.0.1 Lollipop」(LRX22C)のファクトリーイメージが米グーグルによって正式に公開されることとなりました。

記事19.2

今回正式に提供が開始された最新バージョンのOSには「LRX22C」というコードネームが与えられており、「Android 5.0 Lollipop」のマイナーアップデート版と目されています。また、具体的な改善点などに関しても、現時点では開示されていません。

しかしながら、海外メディアPhone Arenaが指摘するところによると、バグフィックスを中心に、「バッテリーライフ」に関しても改善が施されている見込みとのこと。

ちなみに、このAndroid 5.0.1 Lollipopは一部のNexus端末のみの提供にとどめられており、他のNexusデバイスや他メーカー製の端末への提供には、もうしばしの時を要することになりそうです。以下、今回LRX22Cのファクトリーイメージが提供されるNexusデバイス。

  • Nexus 9(Wi-Fiオンリーモデル)
  • Nexus 7(2013)
  • Nexus 10

記事19.1

さて、グーグルはこれまでにユーザーから報告されたいくつもの不具合に、さっそく明確な一手を打ち出してきた形となりました。果たして動作の更なる安定化は当然として、パフォーマンスは、そしてバッテリーライフはどれほど改善されているのか。ユーザーからのレビューを楽しみに待ちたいと思います。

[Phone Arena]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます