Android向けYoutubeアプリにオフライン再生機能が新たに追加

日本や米国などでのサービス開始までは、まだ暫しの時を要することになりそうです。

11日(現地時間)、米グーグルはAndroid OS向けのYoutubeアプリに、オフライン再生機能を追加したことを正式に発表しました。ただし、現時点でこのサービスが提供されるのは、インド、インドネシア、フィリピンの3カ国に限定されるとのことです。

記事71.1

今回グーグルによって新たにもたらされた機能は、Youtube上にあるコンテンツのキャッシュを取得して自身の端末にダウンロードすることによって、ネットワーク接続を必要とすることなく、そのコンテンツを楽しめるようにするというもの。ただし、コンテンツを永遠に端末内に保存しておける訳ではなく、あくまで48時間という期限が設けられることとなります。

また、キャッシュを取得する際に、「360p / 720p」のどちらかの映像解像度を選択することが可能になるほか、取得したキャッシュはアプリのサイドメニュー内にあるオフラインの項目内に一時保存されることになるとのこと。

記事71.2

ちなみに、Youtube上のあらゆるコンテンツがこの機能の対象となる訳ではなく、この機能を利用できるコンテンツ内には専用アイコンが表示され、それをクリックすることでキャッシュを取得することが可能になるそうです。

確かに、今はまだ新興国市場を中心に限定的な提供が開始されたに過ぎません。しかしながら、米Youtubeの幹部の発言を鑑みるに、今後先進国を含めた多くの市場に対してもこのオフライン再生機能が提供されることに強く期待しても良さそうです。

さておき、通信網の発達した日本に住む我々にとっては、普段あまり必要とする場面もなさそうに思えます。しかしながら、山間部や飛行機の中など、インターネット環境の無い場所へ身を置くことが予め分かっている場合などには、”あると嬉しい機能” となりそうです。

[Android Authority]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます