サムスン、Snapdragon 810搭載版「Galaxy Note 4」を韓国市場で投入か

では、Galaxy Note 5には、一体どのSoCを搭載するつもりなのでしょうか。

9日(現地時間)、海外メディアPhone Arenaが伝えるところによると、韓国サムスンはSnapdragon 810を搭載させたGalaxy Note 4を、”韓国市場限定モデル” として新たに提供を開始する見込み、とのことです。

記事58.1

また、どうやらこのリフレッシュ版Galaxy Note 4が登場する時期は、サムスンの次期フラッグシップ級モデル「Galaxy S6」の登場よりも更に後のこととなる模様。

まだ確定した訳ではありませんが、仮にこの「派生版Note 4」が韓国市場のみの供給となるならば、他の国で提供されることには期待できないかもしれません。

image

ともあれ、仮にGalaxy Note 4にSnapdragon 810を搭載させてしまうつもりならば、来年度の登場が期待される「Galaxy Note 5」には、どのSoCを採用する計画なのでしょうか。

市場に与えるインパクトを鑑みれば、既に先代モデルで搭載してしまった「Snapdragon 810」では少々 ”弱い” ようにも思えますが、どうでしょう。いずれにせよ、眉に唾を付ける作業に励みつつ続報を待ちたいと思います。

[Phone Arena]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます