Galaxy S6にエッジスクリーン採用モデルは存在しない? ―スペック情報も新たにリーク

少なくとも、バリエーションモデルが用意されているのは、間違いなさそうです。

Project Zeroの名の下に、従来モデルから大幅な刷新が図られることが予測されている、韓国サムスンのGalaxy S6。一部の情報では、ディスプレイの両端にエッジスクリーンを搭載したバリエーションモデルの存在が噂されていましたが(過去記事)、今回それを真っ向から否定する情報が新たにリークされるところとなりました。

記事63.1

海外メディアPhone Arena曰く、Galaxy S6にはエッジスクリーン搭載モデルは用意されてはいないものの、通常モデルとは異なるバリエーションモデルが用意されていることが、海外メディアSam Mobile経由で伝えられたとのこと。

ここで彼らの言う「通常モデルとは異なるバリエーションモデル」なる端末が、どのような仕様を備えた製品として登場するのか。歯痒いことに、現時点ではそれを窺い知ることは叶いません。

記事62.1

そのほか、時を同じくして「Exynos搭載版」Galaxy S6のものと思しきスペック情報が、Antutuベンチマークのデータベース上に新たに発見されました。上の画像は、それを捉えたスクリーンショットです。

WQHD(2560×1440)ディスプレイとAndroid 5.0 Lollipop、さらに「Exynos 7420」と思しきSoCに1,600万画素のカメラモジュール。概ねこれまでの情報で伝えられるところと合致しています。

とはいえ、今回の情報は双方共にまだまだ「眉唾」レベルを逸脱するものではなく、今後の詳細な続報の登場に期待したいところです。

[Phone Arena [1][2]]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます