米HP、薄型軽量な堅牢ボディの「EliteBook Folio 1020」シリーズを正式発表 ―本体重量「998g」

ビジネスモバイルノートとしては、ある種の理想形かもしれません。

2日(現地時間)、米HPは薄型軽量化を実現しつつも、高い堅牢性とセキュリティ性能とを兼ね備えた新たなノートPC「EliteBook Folio 1020」と「EliteBook Folio 1020 Special Edition 」を正式に発表しました。

記事17.1

「EliteBook Folio 1020」

今回発表された両モデルは、共に米Intel製の最新プロセッサ「Core M」シリーズを搭載することにより、相当な薄型軽量化とファンレス化を実現しています。その薄さは、両モデルともにわずか「15.7mm」。さらにEliteBook Folio 1020 Special Editionの本体重量に至っては、わずか「約998g」と1.0kgを下回ることに(「EliteBook Folio 1020」の重さは、「1.2kg」とのこと)。

また、通常モデルに搭載される12.5インチのディスプレイはユーザーの好みに応じてフルHD(1920×1080)ディスプレイ/タッチ ”非” 対応とWQHD(2560×1440)ディスプレイ/タッチ対応のどちらかを選択することも可能に(Special Editionの方はタッチ ”非対応” のWQHD(2560×1440)ディスプレイのみ)。

記事17.1

そして、このEliteBook Folioシリーズの大きな特徴として、そのセキュリティ性能と堅牢性の高さが挙げられます。事実、米国防総省の定めた工業製品の環境耐性を評価する基準である「MIL-STD-810G 」の認証を取得しており、その堅牢さはまさに ”米軍の折り紙つき” と言えます。また、セキュリティ性能に関しても「TPM 1.2/2.0」と指紋認証センサーを搭載するほか、HP独自のエンタープライズ向けのセキュリティ対策が施されているとのこと。

EliteBook Folio 1020は2015年2月に、EliteBook Folio 1020 SEは2015年4月に発売開始を計画しているとのことですので、物理的にもセキュリティ的にも堅牢な軽量モバイルノートPCを求める方にとっては、ある種の ”決定版” となりそうです。

[Windows Central]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます