「HTC Hima」には、いくつものバリエーションモデルが用意される見込み

どうやらHTCは、来年も引き続きバリエーションモデル戦略を採用し続ける模様です。

ここ最近、にわかにガジェットファン界隈でその存在が取り沙汰されるようになった「HTC Hima」。今回、海外メディアPhone Arenaが伝えるところによると、「HTC One(M8)」の後継モデルとしての登場が期待されるこの未発表端末には、複数のバリエーションモデルが用意されるとのことです。

記事35.1

今回リークされた内部資料

今回の情報の出処は、先日「Hima」の存在を初めて世に知らしめた@upleaks氏その人。今回氏によって新たに公開された内部資料の中に、「Hima Ultra」と「Hima Ace」なる端末を示す文字が発見されました。

曰く、前者にはHimaよりも大きなディスプレイが採用され米国市場限定モデルとなる一方、後者はHimaの廉価モデルとしての投入が計画されている模様。ちなみに、「HTC Hima」は各国市場に対して広く出荷される見込み、とのこと。

記事35.2

内部文書その2

また、資料内には一部市場向け限定モデルとなるであろう「Butterfly 3」と、HTC独自のアクションカメラの後継モデル「RE camera 2」の表記も確認。更には、Nexus 9をベースにした新型タブレット端末が発表される可能性も新たに示唆され、HTCの好調ぶりが窺い知れる形となりました。

残念ながら現時点では、これらの製品の具体的な登場の時期は判然としませんが、どうやら2015年3月以降に登場し始めることとなるようです。

[Phone Arena]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます