「HTC Hima」には、Windows Phone搭載モデルも用意されるという噂

是非とも、この情報が真実であって欲しいものです。

「HTC Hima」なる未発表のフラッグシップ級端末の開発が、台湾HTCによって進められているという情報をお伝えしたのも、ほんの昨日のことでした(過去記事)。さて今回、その情報のリーク元でもある@upleaks氏によって、この未発表端末に関する新たな情報がリークされることとなりました。

 

こちらが今回氏によってTwitter上に投稿されたツイート。曰く「HimaにはWindwos Phone搭載モデルも用意されるかもしれない」とのこと。仮にこの情報が真実であるとするならば、どうやらHTCは「HTC One (M8)」で見せた2プラットフォーム戦略を引き続きHimaにおいても採用することを決定したことになります。

また、昨日リークされたこのHimaに搭載されるディスプレイの解像度がフルHD(1920×1080)に抑えられているのも、現在Windows Phone 8.1のサポートする最大ディスプレイ解像度がフルHDまでであるが故の決定ではないか、と海外メディアPhone Arenaは指摘。

記事27.1

そのほか、以前より「HTC One (M9)」のものとしてスペック情報がリークされてきた ”5.5インチ WQHD(2560×1440)ディスプレイ搭載端末” は、このHimaの「Android搭載モデル」のファブレット版として登場する可能性も同時に指摘されました。

ともあれ、現時点ではまだまだ「眉唾」レベルの情報です。正式発表とされる3月までは多くの時間を残しており、より詳細な情報の提供が望まれます。

いちWindows Phoneの発展を心から願う身としては、是非ともHTCの今後の動向には期待を寄せたいところですが、果たしてHTCの真意やいかに。

[Phone Arena]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます