波を必要としないサーフボード「Jet Surf」、大波を乗りこなすデモ映像が公開

これは、もはやサーフボードの皮を被った「別の何か」でしょう。

サーフィンと言えば、単身ボードに乗り込んで大海原へと漕ぎ出し、波が来るのを待ち、そして荒波に揉まれながら少しずつ上達していくことで、やがて文字通り ”波に乗る” ことが出来るものでしょう。しかし、そんな既成概念を粉微塵に打ち砕く「ウォータージェットエンジン」を搭載したサーフボード、「Jet Surf」の存在はご存知でしょうか。

記事82.1

このJet Surf、ショートボードよりやや大きい程度のボディに、100cc級の強力なウォータージェットエンジンを搭載。その最高速度は時速56kmにも達し、最大で4時間の連続運転を可能にしているとのことで、もはやサーフボードというよりはジェットスキーに近い乗り物に仕上がっています。

今回、そのJet Surfを華麗に操る青年が、巨大な波を見事に乗りこなす様子を捉えた映像が新たに公開されました。以下、その映像です。

既にこのJet Surfは日本においても販売が開始されており、特設サイトを通じて注文を行うことが可能となっています。ただしこのJet Surf、そのコンセプトのみならずお値段設定までもがジェットスキー級に。特設サイトで扱われている中で最上位となるモデル「FACTORY MODEL」の価格は、なんと183万7,500円。

さておき、波に乗る為の道具の姿を借りておきながら、波に乗るのに一切の波を必要としないこの潔さは、いっそ気持ち良くすらあります。いずれ、サーフィンともジェットスキーとも違う全く新しいスポーツとして、この先多くの海や湖などで見かける事になる日が来るかもしれません。

[Pocket-lint / FAST SPORTS(Jet Surf)]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます