コダック、写真機能を大幅強化したAndroidスマホをCES2015に正式発表へ

米Kodakは23日(米国時間)、英国のスマートフォンメーカーBullitt Groupと共同で、”写真撮影の愛好家向け” のAndroidスマートフォンを来年1月のCES 2015にて披露することを正式に発表しました。

記事142.1

画像は懐かしき使い捨てカメラ

今回正式に明らかにされたところによると、Kodakは2機種のスマートフォンと1機種のタブレット、さらに端末と無線接続して使用するカメラを開発中とのことですが、今回CES 2015で発表されるのはその内の1機種のスマートフォンのみとなる模様です。残りの3つのデバイスは、2015年後半に登場するとされています。

また、現在KodakとBullittが共同で開発中のこの端末は、他社製のライバル端末との差別化を図るべく、”特注のカメラセンサー” と独自の写真シェア機能が実装されていることも明らかになっており、リモート撮影機能や、撮影した画像の簡単なプリントアウト機能などについても言及されました。

スマートフォンとしての機能なども気になるところですが、最新のAndroid OSとハイエンド級端末に相応しいスペック・機能性を備えて登場するとのことですので、カメラだけに特化した ”頭でっかち” な端末にはならない模様です。

昨今スマートフォンを武器に闘うプロの写真家なども登場してきている事実を鑑みるに、このKodak製のスマートフォンも主に彼らのような存在から高い評価を得ることとなるかもしれません。個人的には ”特注のカメラセンサー” なるものが、どのようなものとなるのか。その点が大いに気になるところです。

[Android Authority]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます