中国Lenovo、超低価格ミッドレンジ級端末「Lenovo K3 Music Lemon」を正式発表

価格競争における、真正面からの殴り合いが勃発しました。

5日(現地時間)、海外メディアPhone Arenaが伝えるところによると、中国Lenovoが新たに ”超低価格” ミッドレンジ級端末「Lenovo K3 ”Music Lemon” 」を正式に発表したとのことです。

記事34.1

今回Lenovoが新たに投入を開始したこの「Lenovo K3 ”Music Lemon” 」、どうやら同じ中国市場で覇権を巡って争うXiaomiの誇る人気端末「Redmi」シリーズへの対抗製品として位置づけられている模様。なんとキャリアとの契約を交わすことなく、わずか「約97ドル」(約1万2千円)という価格を実現しています。以下、このK3の主なスペックです。

記事34.2

OS Android 4.4 KitKat
ディスプレイ 5.0インチ HD(1280×720)IPSディスプレイ
SoC Qualcomm 1.2GHz駆動 64-bit クアッドコア Snapdragon 410
RAM 1GB
内蔵メモリ 16GB
メインカメラ 800万画素
フロントカメラ 200万画素
バッテリー 2,300mAh
ネットワーク LTE通信対応
オーディオ Waves MaxxAudio
外形寸法 141(W)×70.5(D)×7.9(H) mm 

このスペックで100ドルを切るとは、さすが高コストパフォーマンス大国、中国なだけはあると関心してしまいます。また、その名に冠する「Music」の文字に恥じず、イスラエルの音響技術メーカーであるWaves Audioの提供する「MaxxAudio」テクノロジーを搭載しています。

記事34.3

ちなみに、この「Lenovo K3 ”Music Lemon” 」は、オンラインストア経由で中国市場限定での発売となる模様ですが、近日中にも他国市場に対する提供を開始する予定とのこと。

それにしても、中国メーカーの価格競争は一体どこまで加熱するというのでしょうか。「1万円台のフラッグシップ級端末」などという今は笑い話に過ぎない製品も、ゆくゆくは現実のものとなりそうで末恐ろしい限りです。

[Phone Arena]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます