米マイクロソフト、アプリ・ゲームのストリーミング提供サービス「Arcadia」を開発中か

これが実現すれば、とりわけWindows PhoneやWindowsタブレットがますます魅力的な端末へと化けることとなりそうです。

16日(現地時間)、海外メディアPocket-lintが伝えるところによると、米マイクロソフトは「Windows Azure」ベースの ”アプリやゲームのストリーミング提供サービス” を目下開発中の見込みとのことです。

記事103.1

「Arcadia」(理想郷)という内部コードネームが与えられたその新プロジェクトは、Windows Azureプラットフォーム上でクラウド処理したアプリやゲームをストリーミング配信することで、Windows Phone端末や各種Windows搭載デバイス上で様々なアプリやゲームを動作させることを可能にするそうです。仕組みとしては、クラウド処理ベースのWebアプリに似たものとなっています。

また、海外メディアZDNetが指摘するところによると、将来的にはWindows OSプラットフォーム上で、Android OSやその他のプラットフォーム向けのアプリやゲームを楽しめるようになる可能性がある、とのこと。

記事103.2

なお、既にマイクロソフトは、昨年の年次内部ミーティングにて、この「Arcadia」に似たWindows Azureベースの「アプリストリーミング提供システム」の技術デモを行っているという事実があります。ZDNet曰く、このArcadiaはその時に披露されたものとはだいぶかけ離れたものとなっているようですが、それでも今回の新システムの噂はいきなり降って湧いたものではないことは間違いないようです。

残念ながら現時点では、このクラウドコンピューティングをベースにした画期的な新システムの具体的な登場時期などに関しては、全く判然とせず。しかしながら、マイクロソフトの現CEOサティヤ・ナデラ氏が先日明言した「mobile-first, cloud-first」(モバイル優先、クラウド優先)戦略の存在を鑑みるに、そう遠くない登場に期待しても良さそうです。

[Pocket-lint]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます