米マイクロソフト、Skypeへのリアルタイム翻訳機能の実装を正式発表

さしずめ、Microsoft版「ほんやくコンニャク」といったところでしょうか。

15日(現地時間)、米マイクロソフトはSkypeのボイスチャットにおける「リアルタイム翻訳」機能を正式に実装したことを正式に発表しました。

記事91.1

ただし、ついに今回実装される運びとなったこの画期的な新機能、あくまでもプレビュー版に過ぎません。事実、ボイスチャットによるリアルタイム翻訳に対応しているのは、「英語 ― スペイン語」間の会話のみ。その他の言語間で同機能を利用するには、まだまだ指を咥えて待ち続ける必要があるようです。

とはいえ、メッセージチャットにおいては、既に現段階で40以上の言語間でのリアルタイム翻訳を実現しているとのこと。

「リアルタイム翻訳」機能の利用方法の説明動画

また、こちらの「特設ページ」から、「Skype Translator Preview」プログラムにサインインすることで、この新機能を利用することが可能になるとのことですので、興味のある方はチャレンジしてみても面白いかもしれません。

残念ながら今回、対応言語の拡張に関する詳細な計画に関しては言及されず。しかしながら、いずれ主要な言語がほとんどカバーされた時、Skypeは名実ともに世界屈指の ”コミュニケーションツール” として確固たる地位を確立し直すことになりそうです。

[Neowin / Skype]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます