米Oculus、モーショントラッキングのNimble VRと3Dモデリングの13th Labの買収完了を発表

これは、実質的にはFacebookが買収したことになるのでしょうか。

11日(現地時間)、海外メディアConnectedlyが伝えるところによると、先日正式に米Facebookによって買収が完了された米Oculusの公式ブログ上にて、新たにNimble VRと13th Labの買収を完了したことが正式に発表されたとのこと。

また、モーションキャプチャーの権威であるクリス・ブレグラー氏を新たにOclusuの研究開発チームに迎えたことも、同時に明らかにされました。

記事72.2

今回Oculusによって買収された2つの企業は、それぞれが特筆すべきVR技術や3D関連の技術を保有することで知られています。彼らの持つテクノロジーを吸収することで、「Oculus Rift」によってもたらされるVR体験や仮想現実への没入感は、これまでよりも更に優れたものとなることが期待されます。

ちなみに、簡潔に両社の誇るテクノロジーに関して説明すると、Nimble VRは、米マイクロソフトの誇るモーションキャプチャ技術「Kinect」ライクな「ハンドモーショントラッキング」技術に関する優れたノウハウを。また一方の13th Labはリアルタイム3Dモデリングに関する優れた技術を、それぞれ保有しているとのことです。

記事72.1

13th Labの研究チームの面々

また、今回単独でOculusの開発チームに名を連ねることとなったブレグラー氏ですが、彼が「視覚追跡」に関する演出・監修に携わった作品「ローン・レンジャー」や「スター・トレック イントゥ・ダークネス」は、共に2014年度のアカデミー賞における最優秀視覚効果賞にノミネートされることとなりました。

さて今回、非常に頼もしい人材を大量に吸収することに成功したOculus。1ヶ月程前には、「Oculus Rift」の製品版を近日中にも登場させることがCEOによって明言されていましたが(過去記事)、果たして今回の買収劇は織り込み済みでの発言だったのでしょうか。ともあれ、今は目前に迫るCES 2015にて何らかの正式なアナウンスが行われることに期待しつつ、続報を待ちたいと思います。

[Connectedly]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます