「OnePlus One Mini」の実機画像が、スペック情報と共にリーク

もはや、5.0インチでも「ミニ」と称される時代となった模様です。

16日(現地時間)、海外メディアPhone Arenaが伝えるところによると、中国OnePlusは同社の誇る人気フラッグシップ級端末「OnePlus One」の小型廉価モデルとなる「OnePlus One Mini」を2015年にも登場させる見込みとのことです。

記事100.2

こちらは、今回リークされたOnePlus One Miniのものとされる実機画像。文字が小さく確認しづらいですが、端末の画面上にはAntutuベンチマークを経由した端末の内部情報が表示されています。

この小型OnePlus Oneには5.0インチディスプレイとSnapdragon 615が搭載され、OSにはAndroid 4.4.4 KitKatが採用されているとのこと。そのほか、フロントカメラとメインカメラにそれぞれ800万画素のCMOSセンサーが搭載されていることも判明しました。

記事100.3

また今回、時を同じくして、OnePlus Oneへの次期ファームウェアアップデートにて、イスラエルのWaves Audioの誇るオーディオ技術である「MaxxAudio」テクノロジーとの統合が果たされることも、新たに明らかになりました。順当に考えれば、OnePlus One Miniにもこの技術が採用されていることに期待できそうです。

記事100.4

CyanogenModに搭載されている「AudioFX」アプリ

ちなみに、この端末の価格に関してですが、GSMArena曰く245ドル(約2万9千円)で販売が開始されることになるとのこと。ただし現時点では、どの市場に対して提供が予定されているかについては判然としません。

何にせよ、また一つコストパフォーマンスに優れた端末が中国市場を席巻することになりそうです。

[Phone Arena [1][2]]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます