「検閲法」への反対決起、2015年1月にもロシア国内にて開催へ

現在、ロシア政府によってロシア国内の情報統制が進められ、その一環として「インターネットの検閲」が現実化しようとしつつあることは、よく知られているところではないでしょうか。今回、その検閲法に異議を唱える為の大規模な集会が、2015年1月中にも開催される計画であることが、新たに明らかになりました。

記事169.1

決起を呼びかけた、アレクセイ・ナバリヌイ氏

海外メディアPhone Arenaが伝えるところによると、FacebookやTwitter、Google+といったソーシャルメディアを通じて広く反対決起を呼びかけているのは、アレクセイ・ナバリヌイ氏。ナバリヌイ氏は過去数年に渡り、ロシア政府の汚職追及やプーチン大統領への批判などで注目を集め続けた反体制派の人物で、2012年には「ウラジーミル・プーチンが最も恐れる男」としてウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)に報じられたこともある豪傑です。

既にナバリヌイ氏の呼び掛けに対して、極めて多くの人々が決起への参加の意志を表明しているとのことで、2015年1月中にもこの決起は敢行されることになるそうです。なお、ロシア政府から検閲の承認を要求されたFacebookやTwitter、Googleですが、Phone Arena曰く、現状その要求に応じる姿勢は全く見せていないとのこと。

記事169.2

ウラジーミル・プーチン露大統領

情報統制の気運に始まり、ルーブルの大暴落や周辺諸国との関係悪化、等々。着実に混迷を極めつつあるロシア国内の情勢ですが、果たしてこの先どのような展開を見せ、どのような形で終息を迎えるのか。ロシア国内の「インターネットの自由性」が死守されることを願いつつ、今後の動向を注視したいと思います。

[Neowin]

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます