目下、ソニーが正式提供の開始と普及に勤しんでいることが伝えられるクラウドベースの ”ゲームストリーミング” サービス、「Playstation Now」。今回、海外メディアNeowinが伝えるところによると、韓国サムスン製「Samsung Smart TV」の2015年モデルにPlaystation Nowが提供されることが明かされたとのことです。

記事146.1

ソニーとサムスンはTV市場でもガジェット市場でもそのシェアを競い合う関係にありますが、Playstation Nowを確実かつ広く普及させたいソニー側の思惑と、ゲーム市場においてもその存在感を主張したいサムスン側の思惑が合致した上での、パートナーシップの形成であるものと推測されています。

また、サムスン製のスマートテレビに対しては、約200にも及ぶPlaystation 3用ゲームタイトルの提供が計画されており、ゲームデータのクラウド上への保存やオンライン対戦機能など、Playstation 3と同等の完全な機能性が提供されることになるとのこと。なお、ユーザーがゲームを楽しむために必要となるのは、「DualShock 4」コントローラーただ一つ。

記事146.2

CES 2014での「Samsung Smart TV」のデモ展示

また、約2週間後に開催が迫るCES 2015にて、このPlaystation Nowを搭載したSamsung Smart TVのデモ展示が行われるとのこと。果たして、Playstation Nowは現時点でどの程度の完成度に達しているのか。正式サービス開始の時期を探る意味でも、実に興味深いデモンストレーションとなりそうです。

[Neowin]