東芝、謎の薄型タブレット端末を1月6日に発表することを公式に予告 ―ティザー画像も公開

また一つ、CES 2015への期待が膨らむことになりました。

19日(現地時間)、海外メディアPocket-lintが伝えるところによると、東芝の英国支社がTwitter上の公式アカウントにて、”未発表の薄型タブレット端末” の姿を載せた、CES 2015に向けたティザー画像を正式に公開したとのことです。

記事122.1

こちらが、今回投稿されたティザー画像になりますが、「TOSHIBA」というロゴが刻印された薄型化を果たした端末の姿と、2015年1月6日 という日付の表記を確認することができます。また、既に英国の東芝によって、この謎の端末が1月6日に正式発表されることが明言された模様。

そのほか、投稿されたツイートには画像のほかに、「Keep on Clickin’」という短い文章が添えられています。これを「(ボタンを)押し続けろ」と解釈するならば、この謎の端末が、東芝製のTVと連携して使用するデバイスであるとも考えられますし、「クリックし続けろ」と解釈するならキーボードやマウスとの連携を前提にした「2-in-1構造のWindowsタブレット」などである可能性も考えられそうです。

記事122.2

事実、液晶テレビもノートパソコンも、東芝のコンシューマ事業における主力の一つとなっています。故に、今回その強みを更に補強するようなデバイスが、そして世界的な注目を集めるSurface Pro 3に対抗するような製品が発表されたとしても、あまり不思議なことではないようにも思えます。

ともあれ、現時点ではこの謎のタブレット端末が正式に発表される日を待ち侘びること以外にできることはなく。やきもきしつつ、1月6日に臨みたいと思います。

[Pocket-lint / Twitter]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます