モジュール式スマホ「Vsenn」、OSのカスタマイズに関するオプション提供が正式発表

これは、ソフトウェア面の魅力に関しては、「Project Ara」に一歩先んじたように思われます。

押しも押されもせぬモジュール式スマートフォンの代表格と言えば、米グーグルの提供するProject Araといって差し支えはないよでしょう。今回、その強大なデバイスへの挑戦者として知られる「Vsenn」は、ハードウェアのみならずOSのカスタマイズオプションも提供することを正式に発表しました。

記事56.2

以前公開された、Vsennのスペック表

さて今回、Vsennによって新たに提供されることが判明したOSの数は全部で3つ。Sailfish OSにFirefox OS、そしてUbuntu。また、Androidベースの人気カスタムROM「Paranoid Android」とのパートナーシップ形成の報は、既に先日お伝えした通りです(過去記事)。

Project Araとの差別化をどのようにして図るのかが注目されていたVsennでしたが、ある意味 ”模範的” とも言える解答を打ち出してきたのではないでしょうか。

image

また、Vsennは開発者に対する資金援助、テストデバイスやサーバースペースの提供などの準備をも整えているとのことで、このプロジェクトの包括的な環境づくりも着々と整えられている模様です。

さておき、今回正式に「4つ」のOSに関する選択肢が与えられた訳ですが、個人的には更に一歩上を入って「OSのマルチブート」に対応してくれることに期待しています。メインでは安定のParanoid Androidを使い、必要に応じてSailfish OSやFirefox OSなどに切り替える。そんな柔軟な運用のできるデバイス、実に魅力的だとは思いませんか。

[Phone Arena]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます