モバイル向けWindows 10の正式名称は「Windows Mobile 10」になる見込み

現在、世界中のガジェットファンから期待の眼差しと共に、動向が注視されている米マイクロソフトの最新OS「Windows 10」。海外メディアNPUが30日(現地時間)に伝えるところによると、そのWindows 10の ”モバイルデバイス向けバージョン” の正式名称が、「Windows Mobile 10」となる可能性を示す新たな情報が発見されたとのことです。

記事180.2

今回、「ビジネス特化型SNS」として世界中で広く認知されているLinkedIn(リンクトイン)上に登録された、とあるマイクロソフト社員のプロフィール文の中に、Windows 10のモバイル版の正式名称が「Windows Mobile 10」となる可能性を強く示唆する一文が確認されました(LinkedInについて詳しく知りたい方は、「こちら」をご参照下さい。)。

以下、そのプロフィール部分の抜粋。

記事180.1

プロフィールからは、この人物が「Windows Phone 8.1」の開発において重要な役割を担った一人であることが読み取れます。そして問題の一文は、その末尾に確認されました。

「Currently working on Windows Mobile 10 release.」

(最近は、Windows Mobile 10のリリースに向けて取り組んでいます。)

どうやら、Windows Phone 8.1の開発を終えた彼は、現在「Windows Mobile 10」なる新OSの開発に尽力している模様です。さすがに、この一文だけをもって確信に至るのは早計というものでしょうが、それでもWindows Phone 8.1の後継OSの名称が、Windows Mobile 10となる可能性がかなり現実味を帯びたように思われます。

果たして、マイクロソフトはWindows Phoneのブランドを完全に廃し、古き良きWindows Mobileブランドを復活させる心積もりなのか。その登場時期やパフォーマンス、機能性も含めてますます要注目です。

[NPU]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます