中国Xiaomi、Linuxベースの新型ノートPCを開発中か

29日(現地時間)、海外メディアAndroid Authorityが伝えるところによると、中国Xiaomiが2015年1月中にも「新たなフラッグシップ級デバイス」を登場させる計画であることが、同社のCEOレイ・ジュン氏によって中国のマイクロブログ “Weibo(ウェイボ)” 上で公式に明らかにされたとのことです。

記事177.2

以前にリークされた、「Mi5」の実機を捉えたとされる画像

残念ながら今回は、ジュン氏は言うところの ”フラッグシップ級デバイス” が、具体的にどのようなデバイスのことを指しているのかについては明らかになっていません。これまでに伝えられてきた情報を勘案するに、おそらく次期フラッグシップ級スマートフォン「Mi5」の発表を予告しているものと推察されます。

しかし今回、もう一つ興味深い可能性が指摘されています。Gizmochinaの情報によると、今回ジュンCEOが予告している新製品は、OSにLinuxを搭載した「新型ノートPC」である可能性もあるとのことです。

記事177.3

上は、そのXiaomi製の新型ノートPCと目されるデバイスの画像。OSにはLinuxをベースとしたXiaomi独自のカスタムOSを採用しており、CPUにCore i7-4500U、RAMは16GB(8GBのデュアルチャンネル)。ディスプレイは15インチのフルHD(1920×1080)であると伝えられています。

Xiaomiが独自OS搭載のノートPCを開発しているというだけで驚きですが、それに輪を掛けて衝撃的なのが2,999人民元(約5万8千円)という価格設定です。OSがLinuxベースであることを差し引いて考えても、前述のスペックを備えたデバイスとしては、まず ”破格” と言っていいのではないでしょうか。

現時点では、このような高コストパフォーマンスなノートPCが開発されているのかすら判然としない状況では有りますが、Mi5との同時発表という展開に期待しつつ、続報にアンテナを張っておきたいと思います。

[Android Authority] [Gizmochina]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます