ついに、正式発表の日を迎えました。

電子ペーパー搭載デュアルディスプレイ式スマートフォン。こうして文字に起こしただけでイロモノガジェットファン魂をくすぐってやまない、露Yota製「Yotaphone 2」。本日(現地時間3日)、ついに正式に発売開始となりました。

記事22.3

ついに今回正式に発売が開始される運びとなったこのYotaphone 2ですが、現時点では一部のヨーロッパ市場に対してのみの提供が明らかにされています。

しかし、2014年内にも新たに「20」の市場への出荷が予告されているほか、2015年前半には東アジア地域にも提供される計画とのこと。以下、主なスペックです。

記事22.1

OS Android 4.4 KitKat
ディスプレイ 5.0インチ フルHD(1920×1080)AMOLEDディスプレイ(441ppi)
4.7インチ qHD(960×540)E-Inkディスプレイ(235ppi)
SoC Qualcomm 2.2GHz駆動 クアッドコア Snapdragon 800
RAM 2GB
内蔵メモリ 32GB
メインカメラ 800万画素
フロントカメラ 210万画素
バッテリー 2,500mAh
ネットワーク LTE Cat.4通信対応(最大150Mbps)
ワイヤレス Bluetooth 4.0
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
NFC
その他 A-GPS + GLONASS(衛星測位システム)
microUSB 2.0
本体の厚み 8.95 mm

また、気になる販売価格ですが、約600ドル(約7万2千円)とスペックに比して少々お高めな値段設定に。とはいえ、Yotaphone 2の最大の魅力はパフォーマンスではなく、その端末のコンセプトにあると言える為、そこに価値を見出す人にとってはあまり問題にならないのかもしれません。

ちなみに、搭載される電子ペーパーは、いわゆる「読み専用モード」に設定した場合、最大で5日間のバッテリーライフを実現しているとのこと。

記事22.2

さて今回、東アジア市場に対しての提供も予告された形となりましたが、果たしてその区分に日本市場も含まれているのか。絶対的な需要は少ないと思われますが、是非とも日本で実物を拝める日が来ることを祈ります。

[Phone Arena]