米AMD、ISSCC 2015にて「Carrizo」と「Carrizo-L」の詳細を開示へ ―2月22日より開催

不倶戴天のライバルである米NVIDIAが「Tegra X1」の正式発表により世界中のガジェットファンの耳目を集めた一方で、「FreeSync」テクノロジーを搭載したディスプレイを幾つか発表した程度の印象しか残さずにCES 2015の終幕を迎えた米AMD。

しかし今回、海外メディアWCCF Techが伝えるところによると、AMDは来月22日よりサンフランシスコにて開催されるISSCC 2015にて、同社最新APUとなる「Carrizo」と「Carrizo-L」の詳細を発表する計画であることが明らかにされました。

記事61.4

CES 2015においてその詳細な情報が開示されることが期待されていたCarrizoとCarrizo-Lでしたが、今回AMDは、Carrizoを搭載する試作機ノートPCをデモ展示するだけに留めました。WCCF Tech曰く、そのデモ展示機を撮影することすらも、一切許されなかったとのことです。

そうしてほとんど詳細が語られることのない中、今回唯一明らかにされたのは、このCarrizoが「H.265」コーデックに対応し、4K解像度のH.265ビデオを快適に再生できるだけの能力を保有しているということのみ。下の画像も、AMDによって後ほど各メディア向けに送付されたものだそうです。

記事61.3

Kaveri Carrizo-L Carrizo
x86アーキテクチャ Steamroller Puma+ Excavator
コア数 2~4
GPU 2nd GCN Sea Islands 3rd GCN Volcanic Islands
GPUコア数 512sp 128sp(?) 512sp
チップセット A88X/A78/Bolton FCH SoC
ソケット FM2+ / BGA BGA
メモリ DDR3
TDP 17 / 19 / 35W 10 / 25W 15~35W / 45~65W
HSA対応 × 「HSA 1.0」フルサポート

ノートPC向けAPUのスペック比較表

AMDの「Bulldozer」アーキテクチャの到達点にして最終形となる「Excavator」は、Kaveriに採用されるSteamrollerと比較してIPCと電力消費効率の大幅な向上が公式に謳われています。そのほかCarrizoは、AMDの提唱する新たなプログラミング・処理実行フレームワーク「HSA 1.0」に完全対応を果たしている点を、その大きな特徴とします。

なお、噂ではAMDは「Carrizo-D」なるデスクトップ向けのチップも用意しているとされていましたが、残念ながら今回彼らがデスクトップ向けのプラットフォームに関して言及することは一切なかったとのこと。

さておき、後ろへと後ろへとずれ込むロートマップにすっかり慣らされてしまったいちAMDファンとしては、Carrizoの詳細が明らかにされる具体的な日程が提示されただけで、思わずテンションが上がってしまいます。来月後半に開催されるISSCC 2015に照準を合わせつつ、続報を待ちたいと思います。

[WCCF Tech]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます