台湾ASUS、新型ZenFoneへの「光学ズーム」搭載を示唆するティザー映像を公開

台湾ASUSによってCES 2015での登場が予告されてきた、新型「ZenFone」シリーズ。その未発表端末の登場を予告するティザー映像がこれまでにも小出しに提供されてきましたが、今回またも新たなティザー映像が公開されるところとなりました。

こちらが、そのティザー映像。わずか13秒という短い映像の冒頭には、上下に「モールス信号」が刻印されている静止画が映し出されています。海外メディアAndroid Authorityが伝えるところによると、このモールス信号を解読すると「Optical Zoom」(光学ズーム)となるとのこと。どうやら、新型ZenFoneのメインカメラにはデジタルズームではなく、光学ズームが採用されることになる模様です。

また、以前に公開されたティザー映像において、新型ZenFoneに「デュアルカメラ」が搭載される可能性が強く示唆されましたが(過去記事)、その端末と今回の ”光学ズーム搭載モデル” とが同一機種であるかどうかについては、残念ながら現時点では判然としません。

以前に公開された「デュアルカメラ搭載モデル」のティザー映像

また、今回時を同じくしてAndroid Authorityが伝えるところによると、ASUSのCEOジェリー・シェン氏によって、3つの新型スマートウォッチの投入が正式に予告されたとのことです。ちなみに、その内の1モデルは「ZenWatch」の後継モデルとなり、スマートフォンとの連携を必要とすることなく音声通話などを可能とするほか、2015年第3四半期にも発表される計画であることが明言されました。

また、残りの2モデルに関しては、リストバンド型の ”安価モデル” として登場し、フィットネストラッキングやヘルスケア関連の機能を搭載したウェアラブルデバイスとして投入されることになる模様。なおこちらに関しては、具体的な登場時期への言及は避けられることに。

ZenFoneやZenWatchの登場を機に、徐々にスマートフォン界隈での存在感を増しつつあるASUSですが、果たして新型ZenFoneをどのような魅力的な端末に仕上げてくるのか。2015年内に「1,600万台」のスマートフォン販売を目論むASUSのお手並みに期待です。

[Android Authority]

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます