Facebook、メッセンジャーにボイスメールの文字プレビュー機能を計画か

The Vergeは16日(現地時間)、米フェイスブックの提供するメッセージアプリ「Messenger」において、”ボイスメールの文字プレビュー機能” を追加するテストが新たに開始されたと伝えています。

記事99.2

この新機能が実装されることで、メッセンジャーアプリを介して受信(あるいは送信)したボイスメールの内容を、音声ファイルを再生することなく文字にて確認することが可能になります。なお、この自動で書き起こされた文章は送受信者の双方が確認可能です。

しかし、この機能が一般ユーザーに開放されることになるのは、まだ先のこととなる見込みで、しばらくの間は ”ごく限られた少数のユーザー” に対してのみ提供される見込みです。その理由としては、入力された音声情報を精確に分析・認識することが技術的にまだまだ難しいことが挙げられており、録音環境やノイズの量・発音・訛りなどに大きく影響されることが容易に推測できます。

記事99.1

ボイスメールの下に、自動で分析された「内容」が表示されている

Messengerアプリといえば、モバイルデバイス上でFacebookを利用する全てのユーザーに「Messengerアプリのインストール」が強制されることになったのも、昨年の夏頃のことでした。その強引な対応やアプリ自体の利便性に対する不満や非難の声も決して小さくなく、ユーザー満足度の向上を目指してフェイスブック社は苦慮しています。

果たして、現在の評価とイメージを払拭することはできるのか。ザッカーバーグ氏の手腕に期待です。

[The Verge]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます