富士通研が指輪デバイス開発!空中手書き文字入力機能など

富士通研究所は13日、「手書き入力機能」と「NFCタグリーダー」を搭載した指輪型ウェアラブル端末を正式発表しました。この端末は業務用途などで多用されているHMD(ヘッドマウントディスプレイ)との連携を前提としており、それらを利用した際に選択肢入力などが煩雑であった従来の問題を解決するデバイスであるとのことです。

記事73.1

文字入力操作の開始の指示などは、「入力操作ボタン」を押すことで実行可能に

この指輪型デバイスは装着者の指先の動きを分析し、空中に描かれた軌跡を文字として認識する技術を搭載しています。この手書き文字認識機能により、ユーザーはHMDを装着したまま、作業を中断することなくディスプレイ上に表示されたメニューを選択したり、現場で撮影した写真上にメモ書きを残したりすることなどが可能になりました。

また、NFCタグリーダーも搭載されており、部品や製造品に貼り付けられたNFCタグに触れるだけで、指輪型デバイスで操作する対象を指定し、必要な情報だけをユーザーに提示することが可能になります。まさに直感的な作業を実現することで、作業全体の効率化が期待できます。

記事73.2

文字入力には、「一筆書き」方式を採用しているとのこと

気になる認識精度ですが、”空中で描かれた指先の軌道を正しく文字として認識する” ために、富士通独自の「軌道補正処理技術」が導入されています。この独自技術を用いることで、高精度の文字・数字入力を実現しており、特に数字入力に関しては特別な入力訓練を必要とすることなく「約95%」という高い認識率と入力精度を達成しているとのことです。

なお、本体重量わずか10g以下であり、長時間装着したとしても疲労感が少ないことが想定されます。今後、実際の現場での運用試験を経たのち、2015年度内にも実用化される見込みとのことです。

[FUJITSU via エルミタージュ秋葉原]

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます