Galaxy S6、電子ペーパーや外付けレンズ等を搭載した専用カバーを用意か

Phone Arenaは27日(現地時間)、韓国サムスンの次期フラッグシップモデルGalaxy S6に、端末の機能性を更に拡張する専用カバーが用意される見込みであることを伝えています。

記事146.1

Galaxy S5と専用の「S-View」カバー

今回の情報の出所であるポーランドのメディアAndroid.com.plが明らかにしたところによると、Galaxy S6に用意される何種類もの専用カバーには、それぞれ端末の機能性を強化する為の機構が搭載されているとのこと。また今回Android.com.plは、そのいくつかの例を示してくれました。

例えば、カバーに電子ペーパー「E-ink」ディスプレイを搭載し、バッテリーの消費を極限まで抑えた上で、本を読んだり各種通知を確認したりすることを可能にするモデル。また、サムスン独自の健康管理アプリ「S-Health」と連携して動作する血中グルコース濃度(血糖値)測定機能を搭載したタイプや、自転車やステッパーなどの運動器具と連動するフィットネストラッキング機能を搭載したタイプ。そのほか、メインカメラの性能を補強する専用レンズを搭載したカバーなどが用意される可能性が、今回新たに示唆されました。

記事146.2

有志が作成した「Galaxy S6」のコンセプトイメージ

ある意味では、米グーグルの「Project Ara」の採用する ”モジュール組み立て式” に近い発想のこのアイデアですが、仮に実現すれば面白いことになりそうです。なお、カバーの装着方法は、「S-View」カバーと同様に、端末のバックカバーを外して直接装着するタイプになる見込みです。

例えば、端末側とカバー側にそれぞれ専用の端子を設けて、電気的かつ直接的な接続を実現することで、より高速で緊密なデータのやり取りを可能に。それにより、指紋認証機能や3Dキャプチャなどのより高度で複雑な機能性を、カバーとの連携で実現できるかもしれません。

ただし、あくまでまだ ”噂” の一つに過ぎません。落ち着いて続報を待ちたいと思います。

[Phone Arena]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます