iPad Proのバックカバーを捉えた画像が新たにリークされる

Phone Arenaは30日(現地時間)、米アップル製の大型タブレット端末「iPad Pro」のバックカバーを捉えた画像が、新たにリークされたことを伝えています。

なお、これまでの情報では、教育分野からの高い需要が見込まれるデバイスとして、今年の春頃にも登場する可能性が指摘されています(過去記事)。

記事161.1

こちらがその画像になりますが、上辺と下辺部にそれぞれ2つずつ、計4つのスピーカー用に開けられた空洞の存在を確認することができます。どうやらiPad Proにおいては、スピーカー性能が強化されることになる模様。

その他の窪みや空洞に関しては、従来のiPadシリーズと同様に、Lightningコネクタのポートやメインカメラ、あるいは電源ボタンやボリュームボタンなどの為に設けられたものと推察されます。

記事161.2

先日発見された「スタイラスペン」の特許図

また、Phone Arenaはその登場時期については、3月中に正式発表され、同じく4月中の登場が公式に明言された「Apple Watch」(過去記事)とともに販売開始となる見込みと伝えています。

さて、仮に情報通りに3月中に詳細が開示されるとするならば、そろそろ内部パーツなどのスペックに関する情報が漏れ聞こえてきても良さそうなものです。果たして教育分野向けの端末として控え目のスペックと価格設定で登場するのか、それともiPadをしのぐパワフルな処理性能を誇る大型タブレット端末に仕上げられるのか。続報に期待です。

[Phone Arena]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます