「iPad Pro」の鋳型を捉えた画像が、新たにリークされる

これまでに幾度もその存在を示唆する情報がリークされてきたものの、その存在の確証を得るまでには至っていない、12インチ「iPad Pro」。そして今回、iPad Proのものとされる ”鋳型” を捉えた画像が、新たにリークされることとなりました。

記事55.1

確かに画像の中には、iPadシリーズと酷似した形状の鋳型の姿を確認できます。海外メディアPhone Arena曰く、この画像は台湾Foxconnの製造施設内部で撮影されたもので、金型の厚みは「6.9mmから7.5mm」の間とのこと。

また、iPad ProとiPad Air 2を決定的に差別化する要素として、iPad Proには画面分割マルチタスク機能が搭載される見込みであることを伝えています。これは、以前にiPad Air 2にて実装されることが噂されていた機能ですが、それがiPad Proにて実現することになる可能性が新たに指摘される形となりました。

記事55.2

以前リークされた、iPad Proの本体フレームの試作モックとされる画像

しかし残念ながら、今回の画像にはこの鋳型の大きさを推し量るのにちょうど良い比較対象が存在しておらず、この鋳型が本当に「12.9インチ」(あるいは12.2インチ)のディスプレイを搭載できる大きさなのかを判別することはできません。

とはいえ、仮に今回の情報がすべて真実だったするならば、2015年春頃と噂される登場時期に合わせて、iPad Proの生産は順調に進行していることの裏付けにもなります。是非ともそうであることを願いつつ、続報に期待したいと思います。

[Phone Arena]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます