米Kodak、新型Android端末「Kodak IM5」を正式発表

米国最大手のカメラ用品メーカーとして知られるKodakと、英国のスマートフォンメーカーBullit Groupとのパートナーシップ下に生み出された新たなスマートフォンが、CES 2015にて発表される見込みとの報が、先日世間を駆け巡ることとなりました(過去記事)。そして今回、その噂の新型端末「Kodak IM5」が、ラスベガスの地にて正式に発表されました。

記事27.1

このKoadk IM5は、予想されていた ”カメラ性能特化型” の端末ではなく、どちらかというと端末の扱いやすさを追求したデバイスに仕上げられているとのこと。

OSにはAndroid OSを採用しつつも、シンプルなデザインと操作性を実現する独自のカスタムUIを実装しており、簡単な操作で使用頻度の高いアプリや機能を実行することが出来るように工夫が施されている点を、その大きな特徴としています。ある意味では、スマホ初心者向けの端末とも言えるのかもしれません。

しかし、だからといってIM5のカメラ性能が貧弱なものであるという訳ではありません。ハードウェア的には、オートフォーカス(AF)機能が統合された「1,300万画素」CMOSセンサーを採用していますが、むしろこの端末のカメラ性能における本領はそのソフトウェア面にあるとのことです。

Kodakによると、写真撮影や編集・加工、撮影した画像のSNS上でのシェアや自宅のプリンターでの印刷などを、より簡単な操作でより迅速に実行できるように補助してくれる独自のアプリや機能が盛り込まれているとのこと。また、使いやすさを追求した独自のギャラリーアプリも実装されている模様です。以下、主なスペック。

記事27.2

OS Android 4.4.2 KitKat
UI オリジナルカスタムUI
ディスプレイ 5.0インチ HD(1280×720)IPSディスプレイ
SoC 1.7GHz駆動 オクタコア SoC(型番非公開)
RAM 1GB
内蔵メモリ 8GB
メインカメラ 1,300万画素(AF 搭載)
フロントカメラ 500万画素
その他 microSDカード対応(最大32GB)
デュアルSIM対応

発売された時点ではAndroid 4.4.2がインストールされているものの、いずれAndroid 5.0 Lollipopへのアップデート提供が約束されました。なお、2015年第1四半期にもヨーロッパ市場にて販売が開始され、価格は約249ドル(約3万円)と程々に手頃な価格に設定されるとのこと。

さておき、少々予想していた端末の仕上がりとは異なりましたが、スマートフォン市場に新規参入するにあたっては、あまりにも ”尖った” 製品よりも、このKodak IM5のようなシンプルさを突き詰めた製品の方が、より ”無難” なのかもしれませんね。

[Android Authority / Neowin / Phone Arena]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます