米マイクロソフト、次世代API群「Windows Holographic」とVRヘッドセット「HoloLens」を正式発表

米マイクロソフトは21日(現地時間)、ホログラフィックに関する新API群「Windows Holographic」と、専用VRヘッドセット「HoloLens」を発表しました。

記事120.1

Windows Holographicは、その名が示す通りホログラフィックの表示や生成などに関する新API群となり、「Windows 10」のすべてのビルド内のカーネルに組み込まれていることが明らかにされました。

そして、その最新のホログラフィック・コンピューティングをフルに活用するための専用プラットフォームとして発表されたのが、HoloLensになります。このデバイスは、透明なディスプレイを搭載しており、実際の空間にまるで本当に存在するかのように高精細なホログラフィック映像を表示することが可能となっています。その際、現実の空間に違和感なく溶け込むよう、画像処理や表示処理に独特の工夫を施しているとのこと。

そのほか、テラバイト級の情報を処理可能なプロセッサや内蔵された最新のセンサー類や空間的なサラウンド音響技術を活用することで、室内の3Dマッピングを行ったり、装着者の視線や音声入力を感知・認識する機能も実現。また、完全なワイヤレス駆動となっており、スマートフォンやPCとの接続も必要としません。

なお、空間に表示されたホログラフィックは、例えば「つまんで拡大する」、「ボイスコマンドで操作する」など、インタラクティブな操作を行うことが可能になります。

記事120.4

くわえて、今回の発表ではホログラフィック作成用プラットフォーム「HoloStudio」も同時に発表されています。ユーザーはHoloStudioを利用することでオリジナルのホログラフィックコンテンツを製作することが可能になるほか、3Dプリンタと連携することで実際にそれを ”現実化” させることも可能になるとのことです。

ちなみに、このHoloLensは、2015年下半期中とされる 「Windows 10のリリース時期に合わせて登場する」とのことですが、残念ながら価格の詳細情報については言及されませんでした。

HoloLensとHoloStudioのデモ映像

コンセプトとしては非常に面白く、今後の発展に強く期待したくなるこれらの技術。現時点ではその完成度は未知数ですが、「Kinect」で培ったノウハウが、さらに発展した形で実を結ぶことに期待したいところです。

[Neowin / Phone Arena / Microsoft HoloLens]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます