米マイクロソフト、次世代Webブラウザ「Project Spartan」を正式発表

米マイクロソフトは21日(現地時間)、ワシントンにある本社にて開催したWindows 10関連の発表イベントにおいて、Internet Explorerシリーズに代わる新たなWebブラウザ「Project Spartan」を正式に発表しました。

記事117.1

Spartanの大きな特徴として、IEとは異なる新型のレンダリングエンジンを搭載していることや、バーチャルアシスタントシステム「Cortana」との統合を果たしている点が挙げられます。

そのほか、あらゆるWebページにコメントを付け加えて「OneNote」上に保存することが可能な「メモ書き」機能や、保存したコンテンツをオフライン状態でも閲覧できるようにする「リーディングモード」などが追加されることになります。

なお、今回プレゼンを行ったジョー・べルフィオーレ氏が明らかにしたところによると、まずPCプラットフォーム向けに提供が開始され、追ってすぐにスマートフォンなどのモバイルプラットフォームに対してもリリースされる計画とのこと。

記事117.2

ただ、Spartanの正式なリリースはまだ先になるとのこと。さらに、Spartanという名称は、新Webブラウザ開発プロジェクトに付けられたコードネームとのことですが、その正式名称は明らかにされませんでした。

残念ながら、昨日お伝えした「Chrome用エクステンション」のサポート機能の有無(過去記事)については言及されませんでしたが、「多くの新機能が現在開発中」であることも明言されており、今後の発表に期待したいところです。

[Neowin / Pocketnow]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます