Androidタブレット向けOfficeアプリ、完成版の提供が開始

Android Authorityは29日(現地時間)、Androidタブレット向けの「Microsoft Office」アプリの ”製品版” が正式にリリースされたことを伝えています。

既に今月初旬にもプレビュー版の提供が開始されていましたが(過去記事)、ついに今回、その完成版となるアプリの提供が開始されることとなりました。

記事156.1

なお、個人利用の範疇においては、基本的な機能の利用は無料。より高度な編集作業を必要とする場合には、米マイクロソフトの提供するサブスクリプションサービス「Office 365」への加入が必要となります。

ただし、「10.1インチ」よりも大きなタブレット端末で利用する場合や、商業目的での利用については、Office 365への加入が必須条件となる模様ですが、その場合も全ての機能をあますことなく利用できることになります。

  • 7.0インチ以上のタブレット端末
  • ARMアーキテクチャを採用したSoC
  • 1GB以上のRAM
  • Android 4.4 KitKat以降のOS

以上の条件をクリアした端末であれば、Google Playストアから入手して利用することが可能ですので、ご興味のある方は下記のリンク先をご参照ください。

[Android Authority / Word for Tablet / Excel fot Tablet / PowerPoint for Tablet]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます