次世代「フラッグシップ級」Windows Phoneが2015年内に登場

米マイクロソフトは21日(現地時間)、本社にて開催された「Windows 10」関連の発表イベントの場において、年内にもWindows Phoneのフラッグシップモデルを登場させる計画であることを正式に明らかにしました。

記事121.1

ここ最近はローエンド端末が中心となっていたWindows Phoneですが、今回、マイクロソフトのOS部門の副社長であるテリー・マイヤーソン氏によって、2015年内にも新型のWindows Phoneフラッグシップモデルがラインナップに加わることが公式に明言されました。

また、マイクロソフト以外のいくつかのパートナー企業からも新たな端末が登場する予定であるとのこと。すでに4,100万画素 “PureView” カメラを搭載した「Lumia 1020」の後継モデル登場が公式に示唆されているほか、昨日には「スマートフォンとノートPCとのハイブリッドデバイス」が年内にも投入される可能性が指摘されています(過去記事)。

今回は、具体的な登場時期やスペックなどに関しては明らかにされていませんが、今年後半のリリースが予告されている「Windows 10」と共に登場する、考えることは出来るかもしれません。

[Neowin]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます