「Project Spartan」のWindows Phone向けUIを捉えたスクリーンショットが公開

米マイクロソフトは22日(現地時間)、「Windows 10」と共に登場させることを明らかにした最新Webブラウザ「Project Spartan」(過去記事)の、Windows Phone向けのUIを捉えたスクリーンショットを新たに公開しました。

記事122.2

フラットなデザインを基調にしたUIとなっており、シンプルで余計な物を削ぎ落とした仕上がりになっている印象を受けます。なお、「ライト」か「ダーク」どちらかのテーマを、ユーザーは任意で切り替えることが可能になる模様です。

また今回、このSpartanが伝統的なWebブラウザであるIE(Internet Explorer)の流れから脱却し、より ”現代のインターネット” に最適化・順応を果たしたWebブラウザとして登場させる計画であることが、公式ブログを通じて明言されました。しかし、残念ながらその具体的なリリース時期に関しては言及されず。

Windows 10が動作するあらゆるプラットフォーム上での利用を想定したSpartanなだけに、果たしてどのような操作性を実現することになるのでしょうか。また、新レンダリングエンジンの性能は、どの程度となるのか。気になることは多々ありますが、いずれそれもプレビュー版の提供開始などと共に明らかにされるはず。続報に期待です。

[Windows Central]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます