PS4とXbox ONEを内蔵!22インチノートPC型ゲームコンソール「PlayBox」

Playstation 4とXbox ONE。共に次世代ゲーム機として登場して以来、世界中のゲームファンを相手取り熾烈シェア争いを繰り広げてきた両機ですが、ついに今回思わぬ形での ”同居” を果たすこととなりました。

海外メディアPocket-lintが14日(現地時間)に伝えるところによると、今回エド・ザリク氏によって、PS4とXbox Oneを内蔵した22インチノートPC型ゲームコンソール「PlayBox」の開発に成功したことが明らかにされたとのことです。

記事84.2

ザリク氏は、これまでにも「Playbook 4」や「Xbox One gaming laptop」といったユニークな ”改造ゲームコンソール” を自作し、氏の開設するWebサイトを通じてそれらの受注販売を行ってきたことで知られる人物です。

今回新たに世に送り出す「PlayBox」は、米VIZIO製の22インチ フルHD(1920×1080)ディスプレイを搭載するノートPC型の筺体の中に、PS4とXbox Oneを内蔵。さらに、Ethernetを通じてインターネットにアクセスすることや、HDMIケーブル介してテレビなどの外部ディスプレイに出力することも可能にしているとのこと。なお、電源ケーブルは一つで済むように改造済みだそうです。

記事84.1

気になるお値段ですが、988英国ポンド(約17万7千円)と、かなりお高めな設定に。なおこれまでのザリク氏の製品と同じく、このPlayBoxもWebサイトを通じての完全受注生産となる模様です。

それにしても、17万円もあればPS4とXbox Oneを両方購入した上で、さらにちょっといいディスプレイを買い足すことも出来てしまいます。モバイル用途で用いるにはあまりに巨大であり、また家庭内で据え置いて使用するならば素直に外部ディスプレイに繋いだ方が良いことを踏まえると、実にその立ち位置の難しさが際立ちます。

このPlayBoxの最大の価値は、 ”圧倒的なユニークさ” にあるといったところでしょうか。

[Pocket-lint / Eds Junk]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます