Surface Pro 3のようなAndroidタブレット、「Remix ultra-tablet」正式発表

9日(現地時間)、海外メディアPocket-lintが伝えるところによると、3人の元Googleの上級エンジニアが興した企業Jide Technologyによって、Surface Pro 3のような外観とUIを兼ね備えた2-in-1 ”Android” タブレット「Remix ultra-tablet」が正式に発表されたとのことです。

記事60.2

この製品を手掛けたのは、Google SearchやGoogle AdWords、そしてGoogle Mapsなどの開発にも携わっていた実績のある、ジェレミー・チョウ氏、デイヴィッド・コー氏、ベン・ルク氏といった、3人の元Googleエンジニアによって2014年に創設されたばかりのJide Technologyです。彼らの誇る開発チームは、マイクロソフト、Baidu、Amazon、ソニーなどを始めとする名だたる企業に従事した経験を持つ人々で構成されているそうです。

さて、今回彼らによって新たに世に送り出されたこの2-in-1タブレット、UIを一見すると「Windows OS」搭載機かと見間違える程ですが、やはり元Google社員が手掛けただけあってOSにはAndroidが、ただしデザインのみならず機能性までも大幅に手の加えられたカスタムOS「Remix OS」が実装されているとのこと。

記事60.3

まるでGoogleのマテリアルデザインとマイクロソフトのMetroデザインのエッセンスを混ぜ合わせたかのようなUIを誇るこのOSには、「マルチウィンドウ」によるマルチタスク機能が実装されています。

同時に、さらにこのOSと通常のAndroid OSとを大きく差別化するポイントとして、Windowsライクな「タスクバー」も実装されている点が挙げられます。これにより、まさにPCで行うように、複数の異なるアプリやゲームなどを瞬時に切り替えることを可能としているとのことです。

そのほか、ファイルマネージャーや通知センターなどの機能にも独自のカスタマイズが施されているほか、自動システムアップデート機能も搭載されていることが明らかに。なお、主なスペックは以下の通りです。

記事60.1

OS Remix OS(Android OSベース)
ディスプレイ 11.6インチ フルHD(1920×1080)IPSディスプレイ
SoC NVIDIA Tegra 4
RAM 2GB
内蔵メモリ 16GB
その他 4pin充電ポート 搭載

近日中にも米国市場にて発売が開始されるほか、16GBモデルの価格が349ドル(約4万2千円)に設定されるとのことです。

さておき、「Remix」の名が示すようにまさにノートPCとタブレット、WindowsとAndroidとを融合させたようなこの魅力的なデバイスに懸念されることは、「この優れた機能性を十全かつ快適に活用するためにはTegra 4では少々パワー不足なのではないか」ということでしょうか。ともあれ、また一つ魅力的なタブレットが登場したことだけは、間違いなさそうです。

[Pocket-lint]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます