韓国サムスン、新型ミッドレンジ級モデル「Galaxy E」シリーズを正式発表

Android Authorityは6日(現地時間)、韓国サムスンが新型ミッドレンジ級モデルとなる「Galaxy E7」と「Galaxy E5」を正式に発表したと伝えています。

記事28.1

左から順に、E7、E5、Galaxy S5

今回サムスンが発表した「Galaxy E」シリーズは、その主なターゲットを若年層へと絞り込んだ ”自撮り性能特化型” の端末。両モデルともにミッドレンジ級のスペックを搭載していますが、E7の方がややハイスペックな仕上がりになっています。

以下は、Galaxy E7(SM-E700F)とGalaxy E5(SM-E500F)の主なスペック。

SM-E700F SM-E500F
OS Android 4.4.4 KitKat
UI TouchWiz UI
ディスプレイ 5.5インチ Super AMOLED 5.0インチSuper AMOLED
画面解像度 HD(1280×720)
SoC Qualcomm 1.2Ghz駆動 Snapdragon 410
RAM 2GB 1.5GB
内蔵メモリ 16GB
メインカメラ 1,300万画素 800万画素
フロントカメラ 500万画素
バッテリー 2,950mAh 2,400mAh
ネットワーク 4G LTE通信 対応
ワイヤレス Bluetooth 4.0
その他 microSDカード対応(最大64GB)
外形寸法 51.3(W)×77.2(D)×7.3(H) mm 141.6(W)×70.2(D)×7.3(H) mm

ちなみに両モデルともに上記に加えて、快適かつ美麗な自撮り撮影を実現するためのソフトウェアや機能が実装されています。ジェスチャー操作や音声入力による撮影機能、画角120°の広角撮影機能などがその代表となります。また、Android 5.0 Lollipopへのアップデート提供も計画されているとのこと。

記事28.2

なお、残念ながら今回の発表では、価格や登場時期、投入される市場などに関してはほとんど言及されませんでした。どうやらインド市場にまず最初に投入されることになる見込みだそうですが、それ以上の情報を知るには続報を待つよりほかありません。

さておき、サムスン伝統の「Galaxy S」シリーズを始め、昨年後半に発表された「Galaxy A」シリーズ。そして、今回の「Galaxy E」シリーズの登場。これらを鑑みるに、今後のサムスンの新製品命名のスキームは、「Galaxy + アルファベット + 数字」という形に統一されていくことになりそうに思えるのですが、どうでしょう。

[Android Authority / Phone Arena]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます