本日、世界屈指のメモリメーカー米SanDiskによって、手持ちのAndroidスマートフォンとPCなどの間でのデータのやり取りを、これまで以上に快適かつ迅速に行うことを可能にする画期的なUSBメモリが、正式に発表されることとなりました。

記事22.1

そのUSBメモリの名は、Ultra Dual USB Dvive 3.0。「デュアル」の文字が示すように、microUSBコネクタとUSB 3.0コネクタとの両方が搭載されており、まさに ”二刀流” とでも呼ぶべき構造となっています。ただし、PCとの接続に関してはWindows OSとMac OSの両方に対応する一方で、microUSBコネクタを接続して使用できるのはAndroidデバイスのみとなっている模様。

なお、このデュアルUSBメモリには16GBモデル、32GBモデル、64GBモデルの計3つのモデルが用意されており、価格はそれぞれモデル別に22.99ドル(約2700円)から64.99ドル(約7800円)の間に設定されるとのことです。既にSanDiskの公式Webサイト上にて販売が開始されていますが、日本市場への提供時期などに関しては残念ながら判然とせず。

手元に一つあると何かと便利そうですので、個人的には是非とも欲しいのですが、果たしてそれが叶うのはいつのことになるのやら。続報に期待です。

[Android Authority / SanDisk]