ソフトバンクモバイル株式会社、子会社3社の吸収合併を正式発表

ソフトバンクモバイル株式会社は23日(日本時間)、子会社となるソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社との吸収合併を、2015年4月1日付けで行うことを正式に発表しました。

記事127.1

今回の合併は、ソフトバンクモバイルを存続会社として残す「吸収合併」方式となり、ソフトバンクBB、ソフトバンクテレコム、ワイモバイルの3社は4月1日をもって解散することになります。

この合併の目的は、4社の保有する経営資源を一所に集約し、国内通信事業の競争力を一層強化することにあるとのこと。合併後の新会社の経営理念は「情報革命で人々を幸せに」となり、ソフトバンクグループ各社と協力して「IoT」(Internet of Things)やロボット、エネルギーの分野においても事業の拡大を進めていく計画であることも明らかにされました。

記事127.2

なお、合併後も既存サービスのブランド名はそのまま存続し、移動通信サービスは「ソフトバンク」と「Y!mobile」の2つのブランドの下に提供が継続されることになります。また、現在各社から提供されているサービスを利用している場合も、引き続き利用することが可能になるそうです。

これまでにも随所で連携を見せてきた4社でしたが、正式に合併することで果たしてどのような変化が訪れるのか。われわれ一般消費者も何かしら目に見える形で、その ”恩恵” に浴することができればありがたいのですが、果たして。

[Softbank]

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます