ソニー、世界最小のモバイル向けデジタルテレビチューナー「SMT-EW100」正式発表

ソニーは23日(現地時間)、モバイルデバイス向けのデジタルテレビチューナーとしては世界最小となる「SMT-EW100」を正式に発表しました。

記事132.1

わずか「6.9(W)×6.9(D)×1.0(H) mm」という極めてコンパクトな筺体の中に、アンテナに各種モジュールやソフトウェアが詰め込まれており、その高い省電力性能は「200mW」以下の電力消費を実現しています。なお、Android OS用のドライバが同時に提供され、スマートフォンやタブレット、車載テレビなどへの組み込みを極めて容易にすることも明かされました。

また、多くの地上波放送方式にも対応し、ASEAN(東南アジア諸国連合)、中東諸国、ヨーロッパやアフリカで採用されている「DVB-T」と「DVB-T2」に加え、南米で採用される「DVB-T2 Lite」や「ISDB-T」などの方式をサポートします。

記事132.2

このSMT-EW100は、5月頃にもパートナーに対して提供が開始されることも発表されましたが、その価格に関しては言及されませんでした。

事業縮小や売却の可能性さえも示唆されるソニーのスマートフォン事業なだけに、この世界最小のテレビチューナーが経営改善の一助となるのでしょうか。

[GSMDome]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます