約8千円!中国Xiaomi製「ヘキサコア」スマホ、TENAAの認証を正式に通過

これまでにも数多くのコストパフォーマンスに優れる端末を市場に投入し、中国のスマートフォン市場の覇者にまで登り詰めることに成功した中国Xiaomi。今回、その彼らを象徴するような新端末が、新たに中国TENNAの認証を正式に通過していたことが明らかになりました。

記事54.1

海外メディアPhone Arenaが伝えるところによると、この名称不詳の新端末の価格は「65ドル」(約8000円)に設定される見込みとのこと。その価格の安さを最大の特徴とするこの端末のもう一つの特徴としては、中国Leadcore Technology製のヘキサコア(6コア)SoC「LC1860」を搭載している点が挙げられます。

以下、主なスペックです。

記事54.2

OS Android 4.4.4 KitKat
ディスプレイ 4.7インチ HD(1280×720)ディスプレイ
SoC Leadcore 1.6GHz駆動 ヘキサコア LC1860
GPU Mali-T628MP2
RAM 1GB
内蔵メモリ 8GB
メインカメラ 800万画素
フロントカメラ 200万画素
ネットワーク 2G通信(GSM)
3G通信(TD-SCDMA)
4G LTE通信(TD-LTE)
その他 デュアルSIM対応

ちなみに、LC1860は、英ARMの低消費電力コア「Cortex-A7」ベースのヘキサコアSoCで、製造プロセスは28nmとなります。また、全体的なスペックを見ても、約8千円で入手できる端末としては、十分に及第点を付けられる仕上がりになっているように思えます。なお、今回の情報では、具体的にいつ頃市場に投入されることになるかなどについては言及されませんでした。

 

Leadcore Technology製「LC1860」の説明図

さておき、中国市場における熾烈な価格競争は、2015年を迎えても一向に勢いを衰えさせる気配を見せません。いっそ、”ワンコインスマホ” のような超低価格端末を登場させる位にまで極めて頂きたいところです。

[Phone Arena]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます