Xperia Z4、インドネシアにてPOSTELの認証通過を確認か

GSMArenaは29日(現地時間)、先日、夏頃に登場する可能性を指摘されていた「Xperia Z4」が(過去記事)、インドネシアのPOSTELの認証を正式に通過していたことが明らかになったことを伝えています。

ちなみに、POSTELとは、「インドネシア版FCC」とでも呼べる存在の公的機関です。今回その認証を通過したことで、近日中に登場する可能性が高くなりました。

記事160.1

こちらのリストによると、今回認証を通過したのは「E6533」、「E5333」、「E2533」の3モデル。このうちE6533こそが、Xperia Z4と目される端末となります。2013年に発売された、初代Xperia Zのモデルナンバーは「C66XX」。また2014年に登場したXpreia Z2とZ3には、それぞれ「D65XX」と「D66XX」という型番が与えられました。

そして、さらにその翌年となる2015年に発売される、「E」から始まり、かつ歴代のXperia Zシリーズに酷似したモデルナンバーを持つ端末がXperia Z4である可能性は高い、というのがGSMArenaの主張です。なお、E5333とE2533に関しては、それぞれ「Xperia T2 Ultra」と「Xperia M2」の後継モデルとして登場する見込みとのこと。

さて今回、日本と米国に続き(過去記事)インドネシアでも機器認証を通過したことにより、MWC 2015において正式発表される可能性がまた一段と高くなりましたが、まだまだ油断は禁物です。一日も早い登場に期待しつつ、続報を待ちたいと思います。

[GSMArena]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます